オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンションの壁修理後の『ペンキ塗りたて』は矢印で

初めてマンションの大規模修繕工事を行うオーナーさんは必見。マンション外壁塗装・ペンキ使用後に起こりがちな失敗事例をご紹介します。

「ペンキ塗り立て」を正しく周知する重要性

大規模修繕工事の外壁塗装でよくあるトラブルが、塗ったばかりの塗装を居住者が触ってしまう事故です。いくら工事説明会で「塗装が乾くまでは時間がかかるため、触らないでください」と周知したところで、不意に当たってしまうこともあります。それに、「ペンキ塗り立て」の注意書きが貼り付けてあっても、どこを指しているのか分からない、というケースも存在します。

通常、街中で見かける「ペンキ塗り立て」の注意は、ペンキが塗られた物に直接貼られています。公園のベンチや遊具など、触ってはいけない物に直接貼られているので、直観で「触らないようにしよう」と意識できます。

ところが、マンションの外壁塗装ではペンキを塗った部分の外側に「ペンキ塗り立て」の注意を貼るケースが多く、どこを指しているのか分からない、というケースが多々あります。矢印を使って対象物を正しく伝えないと、居住者の衣服や持ち物に塗料が付き、トラブルに発展する可能性もあります。

現場の作業員は慣れているため、自分たちの間で通じる表現でも伝わると思い込みがちですが、一般の方には伝わらないケースもあります。ペンキ塗り立ての表示をする際には、万人に分かるような表記にしてもらうよう、施工会社にお願いしておくと安心でしょう。

施工会社選びも重要なポイントに

このような細かい要望を伝えていくためには、施工会社との信頼関係を築くことが大切です。管理会社やゼネコンなど、施工会社の間に別の業者が存在する場合は、施工業者と直接やり取りすることが難しいため、細かな要望を伝えにくいのが現状です。施工業者を選ぶなら直接やり取りできる元受けの修繕業者を選ぶことをおすすめします。さらに、歴史と実績のある会社を選ぶと安心です。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る