オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンションの防水塗装は下地の状態にも気を配ってもらう

マンション防水工事の意外な落とし穴とは?オーナーが注意すべきポイントを解説します。

マンション防水工事で注意すべきポイント

大規模修繕工事では、防水工事が含まれるケースも多いです。防水工事を行う際には、下準備として古くなった材料を新しく替える作業が発生します。その際、下地の状態を確認せず、不健全なまま表面だけを新しく張り替えてしまうと、後で手直しが発生することになります。

実際、防水塗装を終えて施工箇所を叩いて確認をしてみると、下地事剥がれてしまった…というケースも存在します。これは、下地が劣化していることを確認しないまま、下地が浮いている箇所にネジを打ち込んだり、塗装をしたりしたことで、亀裂が生じてしまったと考えられます。

このように全ての作業を終えた後、最終点検の際に不具合が発見され、最初から補修をやり直すと、完了がかなり長引いてしまいます。もちろん、施工会社側の見落としですから費用は発生しませんが、居住者の立場から考えると工期の延長は避けたいところ。どの工程にも言えることですが、業者任せにせず、オーナーも一緒に施工前の状態を確認する必要があると言えます。

工事のトラブルを避けるために

このような初歩的なミスは、経験値の低い業者に起こりがちです。防水工事の経験豊富な会社であれば、下地に水分が含まれていないか、マットが浮いていないか、凸凹がないかなど、手を抜くことなく下地の確認作業を行います。自分たちの工事に自信を持っていれば、「下地を見せて欲しい」というオーナーの申し出にも快く応じてくれるはずです。後々のトラブルを避けるためにも、直接コミュニケーションが取れる修繕専門の施工会社を選ぶのが賢明だと言えるでしょう。

間違っても「下地なんか関係ない」「仕上がりがきれいなら大丈夫」という業者に依頼してはいけません。修繕工事業者は数多く存在しますが、残念ながら安かろう悪かろうという業者も存在します。業者を選ぶ際には、業者の創立年数や実績数を必ずチェックし、修繕専門で長く安定した実績を残しているような、信頼できる業者に依頼しましょう。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る