オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション大規模修繕にかかる費用は?

マンション大規模修繕工事のリフォーム相場を解説します。

マンション大規模修繕工事・リフォームの費用相場

一般的に、10数年ごとに実施される大規模修繕工事。賃貸マンションも分譲マンションもどちらも修繕工事が必要となりますが、マンションの戸数が多いほど一戸あたりの費用は安くなり、築年数が古いほど費用は高くなる傾向にあります。

東京都都市整備局が公表した「マンション実態調査結果」によると、都内のマンションの大規模修繕工事費用で、最も多かったのは1,000万円~3,000万円のゾーンで、続いて3,000万円~5,000万円となっています。また、一戸あたりの修繕費用で最も多かったのは、60万円以上~90万円未満で、続いて90万円~120万円未満となっていました。

マンションの規模や修繕内容にもよりますが、一戸につき概ね100万円前後で修繕できるケースが多いようです。つまり、30戸のマンションなら3,000万円の費用がかかる計算になります。大規模修繕を検討されている方は、修繕積立金の総額が「個数×100万円」に達しているかを確認しましょう。下回っている場合は修繕費用が不足する可能性があります。

分割改修だと損をする理由

マンションの築年数が進むと、外壁タイルのはがれや鉄筋の錆び、防水シートの劣化など、さまざまな症状が現れてきます。修繕を行う方法は、「緊急で修繕が必要な箇所だけを施行し、その他の工事は先延ばしにする」という分割施工と、すべての工事を同時に行う「大規模修繕」の二つの選択肢があります。

多く採用されているのは分割施工ですが、その都度足場を組むことで価格が高くなってしまいますし、大幅な割引も期待できません。一方、大規模数膳の場合は一括施工による割引も期待でき、足場を組むのも1度で済むため、総施工金額は安くなります。

防水工事、外壁塗装などを分けて修繕するよりも、大規模修繕の方が費用を最小限に抑えることが可能です。

信頼できる施工業者をパートナーに

大規模修繕は、管理会社、ゼネコン、設計事務所、修繕工事専門業者などが請け負っています。このうち、費用面・安全面・技術面の総合的な見地からおすすめだと言えるのが、修繕工事専門業者です。施工業者に直接依頼すればトラブルが起こりにくく、中間マージンを取られることもないため、工事費用も抑えることができます。

ただし、修繕工事専門業者のなかには経験の浅い会社もあります。大規模修繕工事は建物全体の構造にも影響を及ぼすため、歴史と実績のある会社を選ぶようにしましょう。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る