オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション大規模修繕の資金調達方法

マンションの大規模修繕にかかる費用の調達方法をまとめました。

マンション大規模修繕の費用調達

分譲マンションでは組合員(区分所有者)が積み立てた資金で大規模修繕を行いますが、賃貸マンションではオーナーが修繕費用を負担します。建物の規模や状態により金額は異なりますが、築年数が古い建物ではエレベーターの交換に数百万円かかったり、給排水管の交換に100万円以上の費用がかかったりするケースも珍しくありません。大規模修繕ではまとまった費用が必要になるため、計画的に資金を確保しておくことが大切です。

大規模修繕に備えて、費用調達にはどのような手段があるのかを知っておきましょう。

1.積立金で修繕費用を賄う

最も安心なのが、修繕費を確保するために家賃収入の一部を積み立てておく方法です。賃貸マンションの場合は、賃料の約3~4%を積み立てておくのが一般的と言われています。月80,000円×10戸の物件であれば「80,000円×0.04=3,200円」「3,200円×10部屋×12ヶ月×12年=460万円」という計算になり、12年後にはある程度まとまった費用になります。

2.金融機関から借り入れる

積立金で全額賄うのが理想ですが、予想以上に修繕が必要になり、資金不足に陥るケースも少なくありません。このような場合は、金融機関からの借り入れ(住宅金融支援機関や民間ローン)で資金を捻出することも可能です。例えば、賃貸リフォームローンの場合は、工事費用の80%と融資額を比較し、少ない方の額を限度額として融資を受けられます。返済も発生するため、修繕積立金の増額も検討しなければなりませんが、資金が不足している方にとっては強い味方になるでしょう。

3.助成金制度を利用する

空き家のある家の改修工事費用を一部負担してくれる「住宅セーフティネット整備推進事業」を利用する方法もあります。「3ヶ月以上の空室があること」「空室の床面積が25平米以上であること」などが条件です。補助額は、修繕工事の1/3とし、空室×上限100万円の補助金を受けることができます。

分割改修が非効率な理由

大規模修繕は一度に多額の費用が必要になることから、外壁塗装、防水工事などを分割して工事を依頼する方もいます。しかし、このような分割改修はその都度、現場調査を行い、足場を組むことになるため、余計な費用がかかります。大規模修繕なら、調査は一度で済みますし、足場を組み直す必要もありません。また、複数の工事を依頼するため、割引交渉もしやすくなります。総額費用で比べれば、大規模修繕の方が圧倒的に割安です。

経験豊富な施工会社をパートナーに選べば心強い

大規模修繕に備えて定期的に積み立てていくのは当然ですが、資金計画通りに工事が進まない可能性もあります。また、大規模修繕は一度で終わりではなく10数年ごとに必要になる工事です。将来を見据えた修繕計画を立てるためにも、事前に専門家と打ち合わせを重ね、ローンや補助金を上手に活用するのがおすすめです。修繕工事を熟知した施工業者に依頼をすれば、資金計画の相談にものってくれます。経験と実績豊富な施工業者を選び、連携を図っていきましょう。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る