オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション大規模修繕は時期も大切。休日前の掃除は入念に

マンション大規模修繕で休工を挟む場合の注意点をご紹介します。

大規模修繕工事の休工時期に起こりがちなトラブル

マンションの大規模修繕工事は、お盆や正月などの長期の休みを挟むことがあります。居住者に不便をかけていたり、事故が起こったりしないかと心配したり、気が休まらなかった施主にとって、休工期間は心が休まる時期となるはずです。

しかし、マナーが行き届いていない業者だと長期の休工になるにも関わらず、灰皿に放置した吸い殻を片付けないまま休みに入るようなケースもあるそう。オーナーが休み期間中に屋上へ入ったら、飲んだ後の空き缶がそのまま放置され、灰皿の吸い殻も掃除されておらず愕然とした…という事例もあります。決して気分が良いものではありませんね。

お盆や正月は家を空ける居住者が増えたり、来訪者の出入りが活発になったり、火の元に十分な配慮が必要となる時期です。出入り可能な場所に、ゴミや吸い殻が存在していたら作業員以外の人もタバコを吸ったり、ゴミを捨てたり、火種を作る原因となりかねません。居住者の安全を確保するためにも、長期の休みに入る前には、必ず念入りに掃除をしてもらいましょう。

できれば喫煙禁止の施工会社だと安心

長期の休みに入る前だというのに掃除が行われていないのは、普段から現場の清掃を怠っている証拠です。片付けができないのであれば、禁煙してもらうくらいの申し入れをしても良いでしょう。業者によっては、もともと喫煙を禁止している会社もありますから、最初に現場スタッフの喫煙状況を確認しておくと安心でしょう。

マンション大規模修繕業者の繁忙期・閑散期

できるだけ費用を抑え、高品質の工事を実現するなら繁忙期を避けるのがベストです。どの会社でも工事は一般的に4月、9月着工が多く、この時期は繁忙期となります。反対に、6月や1月は閑散期となるため、この時期に修繕を計画すれば工事費用が割安となり、なおかつ丁寧な施工が期待できます。

施工会社選びで失敗しないために

作業現場の清掃は、工事をする上で最も基本的なマナーだと言えます。そのマナーが守れないのは、会社の意識の低さが原因です。施工会社選びの際には、技術力の高さだけでなく、作業員に対するマナー指導や喫煙指導を徹底している会社を選ぶことも大切です。さらに、万が一、トラブルが起こった場合も、すぐに対応してもらえるような会社だと、さらに安心ですね。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る