オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション修繕の足場仮設段階では強風に注意

マンションの大規模修繕工事における注意点を解説。マンションの足場仮説工事で実際に起きたトラブル事例と回避策をご紹介します。

マンションの足場仮説工事で起こり得るトラブル

大規模修繕で外壁塗装やタイルの貼り替えを行う場合、高所作業を伴います。そのため、足場を組み、周囲をメッシュシートで覆って騒音や落下物を防ぐ「足場の仮設工事」を行うのが一般的です。足場の仮設工事は、作業の下準備でもあるため、大規模修繕の工程で最も早い段階で行われます。

仮設工事は、外壁塗装の質を高める意味でも、大変重要な工程のひとつです。本来、手を抜いてはいけない工程なので、業者のポリシーや技術力など、業者の素が見えてくる作業とも言えます。

最も大切なのは、職人や居住者の安全を守るということです。しかし、実際には強風時に作業を行ったせいで、足場を覆うメッシュシートが落下する事故も発生しています。運よく、近くの電線などに引っかかり地上に落ちずに済めばよいですが、通行人に当たったら負傷になりかねません。オーナーの責任を問われる事態に発展する可能性もあるのです。

作業の安全性を最重視する専門業者を選ぶべき

上記で紹介したトラブルは、メッシュシートが強風にあおられて落下したものです。そもそも、仮設工事は雨天・強風時には作業を延期するのが常識です。本来は、業者が作業の延期を命じて、作業の安全性を確保するのは当然のこと。工期の日程が厳しかったり、工期が遅れてしまったりすると、荒天でも作業を進めたくなる気持ちは分かりますが、トラブルが起きてしまっては元も子もありません。業者を選ぶ際には、安全確保に向けてどう取り組んでいるのか、荒天時はどのような対応を取るのかをしっかり確認し、安全性を最重視する業者を選ぶようにしましょう。

実績豊富な施工業者をパートナーに

実績と歴史のある優良業者は、業務全体のクオリティーの高さを追求するのが当然だと考えています。このような施工業者に依頼すれば、安全に作業を進めてもらえますし、直接やり取りを重ねるうちに信頼関係も生まれるため、より慎重に作業をしてもらえる可能性が高まります。施工業者を選ぶ際には、修繕に特化して長年経つような、歴史と実績のある業者を選ぶと安心です。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る