オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション大規模修繕のパートナー選び〜施工業者編〜

マンション大規模修繕工事を修繕専門の施工業者の依頼するメリット・デメリットを解説。施工業者選びのポイントもご紹介します。

修繕工事専門の施工業者へ依頼するメリット・デメリット

マンションの大規模修繕は建物の劣化を食い止め、寿命を延命させるために行います。老朽化した建物をそのままにしておくと、快適性が失われるばかりでなく、安全性も損なわれてしまいます。居住者が安心して生活するためにも、大規模修繕は定期的に行う必要があります。

ただし、マンションの大規模修繕は全体の構造に影響を及ぼす工事でもあるため、総合的な見地から、安全かつ確実な工事を行わなければなりません。また、大規模修繕は塗装や防水、シーリングなど複数の工事を一気に行いますが、不慣れな業者だとスケジュール調整ができず、工期が遅れて住民に不安を与える続けることになります。このような点をふまえると、施工会社は修繕工事業者が最も適しているのです。

修繕工事を専門としている業者は、もともと塗装工事や防水工事を請け負ってきた業者が実績を積み、マンション全体の工事を行うようになったケースも多く、安全かつ確実な工事が期待できます。また、これらの会社は中小規模なので、きめ細かな対応が期待でき、工期や工事金額の面で融通を利かしてくれるというメリットもあるのです。

しかも、大手ゼネコンや管理会社に工事を依頼すると、結局、下請けの修繕専門業者に工事を発注することになるため、中間マージンが発生します。同じ工事内容なのに、業者に直接依頼するよりも割高になるのは悔しいですよね。修繕業者に直接発注すれば、中間マージンが発生せず、安く高品質な工事を行ってもらえる可能性があります。

会社によっては経験値が浅く、総合的な管理能力に欠ける場合もありますが、修繕積立金を無駄なく有効活用する意味では、大規模修繕の専門業者に依頼するのが最も賢い方法だと言えます。

大規模修繕工事会社に依頼した場合の工事の流れ

工事を行うにあたり、まず建物の劣化や傷み具合を把握するために、現状調査を行います。検査機器を用いて建物の状況を把握し、不具合が気になる箇所や工事の要望についてヒアリングも行います。診断結果と見積りを提示し、内容に納得できたら契約を締結し、工事に入ります。きめ細かな会社の場合は、工事説明会のフォローなども行っています。

専門業者は数多くの実績を積み、下請けから元請けに転換するようになったケースも多く、提案力や技術力の高い業者が多いです。専門業者ならではのノウハウを持っている点も、評価できるポイントです。

修繕工事専門業者の選定基準

大規模修繕を行う業者には、実績豊富な会社もあれば経験値の浅い会社も存在します。安心して工事を任せるためには、歴史と実績のある業者を選ぶことが何よりも大切です。大規模修繕は、少なくとも2~3ヶ月以上の長期間に及びます。居住者に迷惑をかけないためにも、技術力が高く、信頼できる業者を選びましょう。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る