オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

東京でムダのないマンション大規模修繕をする方法 » マンションオーナーの不安を解消!はじめてのマンション大規模修繕 » マンション大規模修繕では
洗浄水も住民にとってはただの水じゃない!?

マンション大規模修繕では
洗浄水も住民にとってはただの水じゃない!?

ビル・マンションの大規模修繕でオーナーが注意すべきポイントを解説。ここでは、修繕工事の際に行われる外壁洗浄時の注意点をご紹介します。

大規模修繕の外壁洗浄で配慮すべきポイント

大規模修繕で外壁塗装を行う場合、塗装前に高圧洗浄を行います。経年によりこびりついた汚れや着色、カビ、チョーキングの粉などを落とし、塗料の密着性を高めるためです。高圧洗浄で使う水は、ほとんどが水道水なので危険性はありませんが、事情を知らない居住者や通行人には「怪しい液体」だと思われてしまうかもしれません。工事の際には、周囲が濡れてしまわないよう、配慮する必要があります。

例えば、外壁やベランダの洗浄時には通行人に洗浄水がかからないように誘導したり、ビル内にテナントが入っている場合は一時的にお店を閉めたり、対策を行う必要があります。

しかし、適切な誘導を行わず、雑な作業をする業者に依頼した結果、トラブルが起こってしまったケースもあります。例えば、共用廊下の壁の洗浄時に養生が甘いと居室の玄関内に水が浸入してしまい、「玄関が何かの液体で濡れている」というクレームに繋がる恐れがあります。居住者が水だと知っていれば不安は軽減されるかもしれません。しかし、事情を知らないと素手で触れて良いものか分からず、不安を与えてしまいます。

住民への配慮ができる業者を選ぶべき

優良業者なら、このようなトラブルを防ぐために事前にオーナーへの説明をしっかり行います。また、作業後には手に触れる部分のふき取りを行うなど、細かな対応をとってくれます。

どうしても多少の水が入る恐れがある場合でも、水道水であることを告知した上で、玄関の靴などを一時片付けてもらうなどの予防策をとれば、住民の不安も最小限に抑えられます。オーナーとして、住民を守るためにも、説明をしっかり行ってくれる施工会社を選ぶようにしましょう。

直接やり取りできる修繕工事専門業者なら安心

大規模修繕を行う業者はたくさんありますが、大手ゼネコンや管理会社に依頼をする場合は、下請け業者に工事を投げるケースが多いため、業者と直接やり取りするのは難しい状況になります。そのため、上記で解説したようなきめ細かな配慮に欠けてしまったり、伝達ミスが起こったり、トラブルが起こる可能性も高まります。

大規模修繕工事は居住しながら行う工事なので、施工会社との細かなやり取りが重要となります。工事を円滑に進めるためにも、直接やり取りできる修繕専門工事業者を選ぶのは必須条件と言えます。さらに、歴史と実績のある業者を選べば、安心して工事を進められるはずです。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る