オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンション大規模修繕は10年先の仕上がりを求める

賃貸マンション大規模修繕の目指すもの、工事期間や工事時期など、知っておきたい情報をまとめました。

マンション大規模修繕で目指すもの

賃貸マンションの大規模修繕工事では、施工業者と施主で仕上がりに求める感覚が異なる傾向にあります。施工業者は一般的に、工事が終了した時点の仕上がりを重視します。今、不具合がなく、見た目が美しければ良いという考え方です。

しかし、賃貸マンションは、分譲マンションとは違い、頻繁に居住者が入れ替わります。物件の価値を下げないためにも、次の大規模修繕までの間、建物の状態を維持していかなければなりません。つまり、10数年後までは施工後の状態を維持する必要があります。賃貸マンションのオーナーは、10年、15年先まで見据えた視点で工事の仕上がりを着地点とすべきなのです。

例えば、塗装工事では、施工業者はトップコートを塗りなおすだけで良いと判断するかもしれません。しかし、施主は15年先まで見据えて、下地や下塗りをやり直して欲しいと要求するのが望ましいです。また、部材を入れ替える際も、15年先の劣化や色落ちなどを見越して選ぶようにしましょう。多少、工期を延ばしてでも、施工業者に主張できるオーナーでいたいものですね。

賃貸マンションで大規模修繕をやるべき時期

賃貸マンションの場合は、大規模修繕のタイミングが重要となります。マンションの外壁は10~12年ごとに塗装が必要だと言われています。外壁が劣化するとタイルの剥がれや落下が起きて耐久性が落ち、外観も悪くなってしまいます。ただし、賃貸マンションの場合は工事期間中に新たな借主を獲得するのは難しいため、できれば空き家が少ない時期に行うのがおすすめです。また、工事期間が長すぎると居住者の退去リスクも高まります。工事期間の延長は「機会の損失」にもなり得ることを覚えておきましょう。

専門業者なら長期的な修繕計画を提案してくれる

最も大切なのは、信頼できる施工会社をパートナーにすることです。建物の状況を正しく把握し、コストに配慮しながら長命化を図るための、修繕計画を立ててくれる。そんな業者が理想です。長年、大規模修繕に携わってきた業者であれば、さまざまな建物を見ているので、無駄なく最適なプラン作りをサポートしてもらえるので、日々の修繕から次回の大規模修繕まで、計画も立てやすいはずです。歴史と実績のある業者を味方につけ、大切な資産を守っていきましょう。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る