オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

マンションのベランダ工事は素早く行うよう指示

大規模修繕工事を検討中のオーナーは必見!マンションのベランダ工事で起こりがちな失敗例を紹介。トラブルを防ぐための対応策も併せて解説します。

ベランダの防水塗装で起こった失敗事例

マンションの大規模修繕工事では、ベランダの防水塗装工事を併せて行うケースも多いです。ベランダは雨の影響を受ける箇所なので、防水機能が失われると建物内部に雨水が侵入し、建物の寿命を縮める原因なります。そのため、定期的な防水塗装が必要です。

ところが、経験の浅い会社に依頼すると思わぬトラブルを招く恐れもあります。例えば、もともとあった亀裂の補修をせずに防水塗料を塗布してしまい、塗料が乾いてから亀裂が次々と発生する、といった施工ミスも起こっています。

小さな亀裂なら防水塗料で埋められることもありますが、大きな亀裂は塗装前の補修が必要となります。亀裂の有無を確認せず、仕上げの防水塗装を行うと亀裂が起こってしまうのです。亀裂が起こるということは当然、施工ミスであり、塗装のやり直しが必要となりますから工事が長引くことになります。

大規模修繕工事は、居住者が住みながら行うため、工事が長引く=ベランダが使えない期間が長引く、ということになります。これは、居住者にとって大きなストレスです。オーナーとしては、是非とも避けたい事態ですね。

ベランダ防水工事の施工ミスを防ぐために

ベランダ防水工事は的確かつすみやかに行わなければなりません。そのためには、作業前に施主が一緒に不具合箇所を確認することが大切です。そうしないと、作業完了後に施主が確認して不具合が見つかり、再度修正し、また施主が不具合を見つけて修正をする、という繰り返しになる恐れがあるからです。

直接やり取りできる施工会社を選ぶ

このような初歩的なミスを避けるためにも、やはり実力と実績の豊富な施工会社に依頼するのが鉄則です。そして、相談をする際に、「施工前の事前チェックを一緒に行いたい」という申し出を快く引き受けてくれる業者がおすすめです。納得のいく工事を実現するためには、業者との信頼関係を築くことが大切です。歴史と実績をもつ会社を選び、パートナーとして二人三脚で工事を進めていくのがベストと言えます。

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る