オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

東京でムダのないマンション大規模修繕をする方法 » 東京のエリア別マンション大規模修繕事例集 » 【杉並区】西永福ニューハウジング マンション大規模修繕工事

【杉並区】西永福ニューハウジング マンション大規模修繕工事

防水工事・大規模修繕行為に特化した業者「ベストウイングテクノ」の杉並区マンションの大規模修繕工事の事例をご紹介します。

ベストウイングテクノが手掛けた杉並区のマンション大規模修繕工事事例

ベストウイングテクノは、1961年に創業した修繕工事業者。高い技術力と誠意ある対応力が評判となり、国立競技場聖火台や関門トンネルなどの大規模な施工にも携わってきました。大手ゼネコンの下請け時代には、得意とする防水工事をはじめ、外壁塗装、屋上緑化、耐震補強、下地劣化補修工事などの経験を積み、対応できる施工を拡大。規模も内容も異なるさまざまな工事をこなし、ゆるがない技術を手にしています。

現在は、下請けから脱却し、元請けに転換。下請け時代にはできなかった提案にも力を入れ、社長自らがプレゼンを行うこともあるそうです。高い技術とノウハウを持っているため、他社では対応が難しいと言われるような案件にも積極的に対応。高度な工事にも取り組み、修繕工事のスペシャリストとして、さらなる飛躍を遂げています。

工事を依頼する際には会社の経営状態も気になるところ。ベストウイングテクノは、特定建設業895号という古い番号を取得しており、長く安定した経営基盤を気付いている会社です。経営の観点から見ても、信頼できる会社だと言えるでしょう。

工事期間中は住民への配慮も大切にし、職人のマナー指導を徹底しているので安心。工事後のアフターフォローでは、2年、3年、5年、10年後に定期点検を行い、必要があれば補修を行います。近年では、新エネルギーの分野にも積極的に挑戦している同社。資産価値を高めるための提案にも力を入れており、今後の展開が非常に楽しみです。

ここで紹介している、杉並区のマンションの大規模修繕事例でも、建物が美しく蘇り、高品質な工事を行っていることが伺えます。

杉並区 西永福ニューハウジングの大規模修繕工事前写真 杉並区 西永福ニューハウジングの大規模修繕工事後写真

引用元HP:ベストウイングテクノ公式HP
https://www.technobestwing.jp/case/repair_list/repair_list05.html

工事場所 東京都杉並区 西永福ニューハウジング
工期 平成23年7月14日~平成23年11月10日
構造 RC造 8F
工事種目
  • 共通仮設工事
  • 直接仮設工事
  • 下地補修工事
  • シーリング工事
  • 外壁塗装工事
  • 鉄部改修工事
  • 防水工事

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る