オーナー必見!初めてのマンション大規模修繕の「いろは」を徹底解説

【墨田区】シャルマン押上 大規模修繕防水工事

国立競技上聖火台の防水工事を手掛けるなど、技術力の高さに定評があるベストウイングテクノ。同社が手掛けた墨田区マンションの防水・大規模修繕工事の事例をご紹介します。

ベストウイングテクノが手掛けた墨田区のビル防水・大規模修繕工事事例

ベストウイングテクノは、創業から50年以上にわたり、マンションの大規模修繕や防水工事、塗装工事を専門とする業者。特定建設業895号と取得番号が古く、長く安定した財務基盤の上に成り立っている会社です。

同社の強みは、あらゆる構造体の大規模修繕を手掛けてきたこと。元々、大手ゼネコンの委託業務を受注していたため、大規模マンションやビル、施設の施工を数多く手掛けています。国立競技場聖火台の工事や、関門トンネルの止水工事など、誰もが知る建物の修繕工事も同社が携わってきました。多くの実績と高い技術力で、他社では対応が難しいような工事も引き受けています。

現在は、元請けとしてマンションやビルのオーナーや管理組合から直接受注をしている同社。顧客目線の提案力と現場スタッフの対応力に定評があり、口コミでは高評価を得ています。例えば、「約束の時間前に連絡が入り、必ず時間通りに来てくれました」、「塗装工事で相見積もりを取った際、一番、熱心に説明してくれました。職人さんたちも真面目な方ばかりでした」といった口コミが多く見受けられます。

大規模修繕の前には、オーナーや管理組合の負担を軽くするために、修繕委員会の組織づくりや居住者への説明のアドバイスも行っているそう。大規模修繕に特化した会社ならではの、きめ細かなサポートが嬉しいですね。

施工の提案や計画もオーナーと直接やり取りをしながら進めていくので、施工中のミスや、意思疎通不足による施工の遅れと言ったトラブルのリスクも最小限。間に業者を挟まず、直接受注するため、大幅なコストカットも期待できます。

今回紹介する、墨田区のマンション「シャルマン押上」は住戸44戸、店舗1戸の中規模マンション。外壁タイルの劣化が進み、建物が暗い印象を与えていましたが、タイルの貼り替えにより、明るく高級感あふれる印象になりました。また、屋上防水工事、太陽光パネルの設置も行い、安定的な利益確保や非常用電源の確保も実現しています。

墨田区シャルマン押上の大規模修繕工事写真1 墨田区シャルマン押上の大規模修繕工事写真2

引用元HP:ベストウイングテクノ公式HP
https://www.technobestwing.jp/case/repair_list/repair_list01.html

工事場所 東京都墨田区押上 シャルマン押上
工期 平成26年1月 20日~平成26年6月30日
構造 鉄筋コンクリート造 SRC 地上11階
工事種目
  • 共通仮設工事
  • 仮設工事
  • シーリング工事
  • 躯体補修工事
  • 内外壁塗装工事
  • 鉄部塗装工事
  • 防水改修工事
  • 建築他改修工事
  • 太陽光発電システム設置工事

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る

施工業者を選ぶなら、歴史と実績のある業者が安心

ベストウイングテクノ

建設業許可番号
895
お客様の声の数
49
公式サイトを見る

株式会社栄光

建設業許可番号
139890
お客様の声の数
9
公式サイトを見る

チョウトク・テクル

建設業許可番号
8352
お客様の声の数
0
公式サイトを見る